2008年03月09日

「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」

「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」

プロローグ
第一章 起業前夜
第2章 エニグモ誕生!
第3章 世界初第一弾 バイマ、オープン
第4章 失意からの挑戦
第5章 世界初第二弾 プレスブログ
第6章 世界初第三弾 フィルモ
第7章 世界へ

にわたって、書かれた二人の若者の起業サクセスストーリーである。

なんでも、最初にすることは大変である。

周りに理解されるかなどの不安を抱えるものである。

しかし、この本はプロローグを読んだだけで、

成功にたどり着くことができると、確信を持った。

いくつかの、起業に関する本や、講演、セミナーなどを

見聞きした結論が、最初に書いてあったからである。

起業家の多くは、出発点ですでにつまずいているのだ。

この、「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」は、

明らかに、この点が他の起業家が辿る間違った道を歩むはずが無い

ことがはっきりと分かります。

1.常に「これで俺たちは世の中を変えるんだ」という強い意識とモチベーションを抱いていた。こと

2.「新しいサービスを作る」とうはっきりとしたコンセプトを持っていること。

3.「世の中を変えるボタン」がある。という発想を持っていたこと。

起業するに当たって、知っていなければならないことを

しっかり、身に着けていることが大切である。

大半は起業しても、1年以内に7割もの方が、消えていくのが実情だ。

そんななか、この本を読んで、あなたは残りの3割に生き残ることが

出来るのだ。

それでも、あなたは読みませんか?

読むか、読まないかで勝負が決まってしまうのである。

世の中は、知っているか、知らないかでまず5割が負け組みになる。

次に、するかしないかによって、残るのはする組の2割5分である。

さらに、できる方と、出来ない方に別れ、1割程度の方が生き残って

いくという現実がビジネスの世界である。

さらに、想像力と決断力とスピード感を持って、

常に学んでいく姿勢が成功の条件とさえ言われている。

そんな、秘密を知ることができる、「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」が2008年3月14日に販売されます!

是非、あなたも成功を勝ち取るために、「世の中を変えるボタン」がある「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」読んでみてはいかが?


posted by 諸葛 家康 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | Weblog